結婚までの6段階

心理学の本で
興味深い内容をシェアしますね

 

アメリカの心理学者が

 

出会いから結婚までの
人間心理の変化を

 

6段階で提唱してます

 

段階① 類似性の認知

 

段階② 望ましい関係を築く

 

段階③ 自己開示

 

段階④ 役割取得

 

段階⑤ 役割適合

 

段階⑥ 結晶

 

なんじゃい、それは?

 

だと思うので(笑)
それぞれについて
説明しますねー

 

【類似性の認知】

 

価値観、興味、関心など
共通点を認識する

 

似た者同士であれば

 

新密度がアップする!
趣味や気になってることは

 

初対面でも話しやすいよね?
まず、共通点を探しましょう♪

 

会話のきっかけを掴むのに

 

スマホはアイフォン?
アンドロイド?

 

食事は何系が好き?
という、答えやすい質問が

 

いいでしょう

 

【望ましい関係を築く】

 

楽しい経験を共有する
お互い食べるのが好きだったら

 

美味しいお店
話題のお店などを調べて

 

一緒に食べに行く

 

映画を観に行く

 

今の時期なら、紅葉狩り など
趣味が違っても

 

相手の趣味に
付き合うのも一つ!!!

 

自分は興味ないと
拒否をするのではなく

 

とりあえず、やってみる!

 

1人だとつまらなくても
2人だと意外と楽しい♪

 

【自己開示】

 

自分をさらけ出し
親密さを深める

 

感情や価値観、人生観を
伝えたり、相談する

 

はじめは相手に気を遣って
合わせていた部分を

 

正直に話してみる
価値観でいうと

 

一番影響が大きいのは

 

金銭感覚だと思う

 

堅実なのか、浪費なのか
人生観はライフプラン

 

女性なら、結婚したら

 

仕事を続けるか?
専業主婦になるか?

 

戸建に住むか?
マンションか?

 

賃貸か?分譲か?

 

都会に住みたいか?
自然が多い場所か?

 

基本的な部分が譲れないと

 

後々、大問題になりかねない

 

【役割取得】

 

お互い補い合い、助け合う

 

【役割適合】

 

役割がうまく
かみ合う様になる

 

この2つの段階は
セットで考えてみましょう

 

例えば、男性が神経質で
女性がおおらなな場合

 

男性のコンプレックスが解消され

 

女性が気付かなかったことに
目が行き届くようになる

 

人間関係が苦手な人で

 

相手がよく気付く人だったら

 

回りに気遣いが
出来るようになる

 

外食の時、お店を決められない

 

優柔不断な女性の場合 ← これ、私(笑)

 

お店を事前に調べて
選択肢を作ってくれる

 

などなど。。。

 

信頼性が増したり

 

自然に頼れる存在に
なるでしょう

 

【結晶】

 

お互いを認め

 

ふたりでひとつの
単位として行動する

 

ここまで来たら

 

お互いの結婚の意識は
高まっているはず

 

休日は1人ではなく
2人で出かける

 

大きな物を買う時
相手に相談する

 

一緒に買いに行く

 

クリスマス、年末年始など
一緒に過ごすのが当たり前

 

婚活中や
気になる人が居る人は

 

この6段階を意識してみましょう!

 

段階を早く踏み過ぎたと
感じた場合は

 

前の段階に戻って
やり直せばいいのです(^^)

 

コメントを残す